ブログ

blog

かこみ庵の
最新情報

大分名物!りゅうきゅうの作り方★

2019.10.30

カテゴリー:かこみ庵 大分都町店

 

みなさん、こんにちは!

おんせん県おおいたより、かこみ庵 大分都町店です。

 

 

私たちの店は、大分を代表する繁華街「都町」にあります。

大分駅やビジネス街からも程近いので、地元の方のご利用に次いで、出張で来られたビジネスマンの方も多く足を運んでくださっています。

 

 

今日のナビゲーターは、社員になって半年、2年後には店長になることを夢見るスタッフ・瀬口夏奈がお送りします!

 

 

今回は、大分のことをもっと知って欲しいので、
当店イチオシ「大分りゅうきゅう」をご紹介します。

 

 

 

 

「りゅうきゅう」とは大分の郷土料理。
大分に住んでいても、その由来を知らない人も多いのでは?

 

一言で言うと、お刺身を甘辛い醤油だれに漬け込んだ料理を
「りゅうきゅう」と呼びます。

 

新鮮な魚の切り身に、醤油、酒、みりん、ショウガ、ゴマなどを合わせたタレに漬け込んでから味わう料理です。

 

薬味にはネギやワサビが添えられることが多いですが、
地域や家庭によって随分異なるのもオモシロイところです。

 

ショウガが強いもの、甘みが強いもの、醤油味が濃いものと、
味の好みによって様々です。

 

摩訶不思議なネーミングは、漁師から伝わったもので、
元々は漁師たちが獲れた魚を保存するために作ったのがはじまりで、“琉球”の漁師から伝わったとも、千利休がゴマ料理を好んで食べたことにちなんで付けられた料理法「利休あえ」からきているとも言われています。

 

このふんわりとした言われが多いのも、おっとりした県民性を表していますね。

 

 

では、早速「りゅうきゅう」を当店流に作っていきましょう。

 

 

まず、お刺身を切ります。

 

 

 

お刺身はあるものなら、なんでもいいんです!
そこに大分県民のこだわりは皆無です(笑)。

 

当店はお客様にお出しするので、新鮮なお刺身を使っていますが、例えばご家庭では、来客用に頼んだ刺身盛りが余ってしまったとき、食卓の刺身が残ってしまった場合など、それを醤油などに漬け込めば、れっきとした「りゅうきゅう」の完成です。簡単でしょ?

 

 

 

当店では、だいたい「ブリ」「サーモン」、たまに「タイ」を使用します。
お魚の内容はその時々で変動しますので、あしからず。

 

具材を食べやすい大きさに切り分けたあとは、
だし醤油・みりん・酒に漬け込んで、しばらく置きます。

 

 

味が染み込んだら、たっぷりのゴマをふってなじませます。

あとは美しく盛り付けたら、完成です。

 

 

 

 

甘辛ダレに漬かった刺身は、しっとりとしたクセになる味に変わります。

大分を代表する銘酒「鷹来屋」とともに味わうのがおすすめですよ。

 

 

実はシメにも「りゅうきゅう」が登場します。

 

アツアツご飯の上に琉球を盛れば「りゅうきゅう丼」。

お茶漬けにすれば、名前が「あつめし」という
また違った郷土料理になります。

 

 

アレンジメニューもできちゃう「りゅうきゅう」。

刺身を無駄にせず、冷蔵庫で保存できるので便利ですよ。

 

ぜひご家庭でも挑戦してみてくださいね。

 

 

 

さて、最後のお知らせです。

 

実は、かこみ庵大分都町店では、ツイッターをやっています。

https://twitter.com/ooitakakomiann?lang=ja

 

予約状況のチェックもできますし、クーポン情報も満載!

私としてはもっともっとリアクション、欲しいんです!

 

 

お祭りやイベント時にアップする当日限定のクーポンもありますよ。

「Twitter見たよ」とスタッフに一言お声がけください。

誠心誠意、サービスさせていただきます。

 

 

大分のみなさまも、大分へいらっしゃる予定のあるみなさまも
大分をはじめ九州各県の郷土料理や名物料理が一堂に会します。

 

みなさまのお越し、心よりお待ちしております!

 

2019.10.30|カテゴリー:かこみ庵 大分都町店

九州の魅力は、食にあり。
食べて九州ぐるり旅。